TOPICS できごと
2018.10.27
Piole×WHATNOT ピオレラボ DIYプレイベント part2
前回に引き続きピオレ姫路さんでのワークショップについて、今回は店長湯村目線で振り返ってみます。
WHATNOTのワークショップでは、人や場所にとって必要とされているモノ、困りごとを解決したり、
ちゃんと使われるモノを作りたいと思っています。

今回は「コミュニティ」「イベント」「ワークショップ」「クリエイティブ」をキーワードとした
ポップアップスペース、Piole LABOさんとのコラボ企画。

ワークショップで作ったテーブルや、ボックス、イーゼルはこれから店舗やイベントで実際に使われるモノなので、
強度はもちろん、デザインも大切。
子供だってカッコ悪いモノは嫌!恥かかせる訳にはいきません。「これ作ったんやで」と自慢してほしいから!

ワークショップのイメージ
色々考えて製造番号をスタンプしてもらう事で固体を識別してもらう事に。
作業風景を撮影してリアルタイムで画像を編集出力、ワークショップ終了した子供たちにプレゼント!

ワークショップのイメージ
練習で切り落した木材に切り込みがあって実はフォトスタンド!というサプライズは最後までバレないか、
捨てられないか心配でした(笑)

釘を打つ箇所には事前に下穴を開けておくんですが、ユルすぎるとハンマーで釘を打ち込む感覚が味わえない気が
してコンマ数ミリきつめにしたり、正直どうかしてるなと我ながら思って仕込んでましたけど・・・。

でも初めての作業でも、少し難しめの設定でも、子供の伸びしろってスゴイんです。
全然釘が打てなかった子がお兄ちゃんのお手本を見たとたん人が変わったように打てるようになったりするんです。
そんな時は苦労が報われる瞬間です。

ワークショップのイメージ
あっという間に3回のワークショップも怪我も無く無事終了!
今回も子供達のイイ顔たくさん見れました!

これからみんなの作った″製品”がどんな風に使われていくのか楽しみです!
呼んで下さったピオレ姫路の皆さんありがとうございました!

BACK